HOME>レシピ紹介

レシピ紹介

レシピ紹介 一覧

しょうがスパイスについて

%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%8C%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B91.jpg

今人気のしょうがコンフィチュールの1つにしょうがスパイスがあります。
お客様から「スパイスって辛いの?」とか「使い方がよくわからないのですが・・・」というご質問をいただくことがございます。
そんなお客様にもっとこのしょうがスパイスを知っていただくために少しご案内をさせていただきますね。
まず中に入っているスパイスについてですが、しょうがの他にはシナモン、クローブ、カルダモン、はちみつなどが入っています。身体を暖めたり、消化を助ける作用があるものが多いです。
使い方は、チャイのようにミルクティに入れたり、ホットでもアイスでもミルクに溶かしたり、バニラアイスクリームに添えたり・・・
また、どれもお料理などにも使うスパイスですので、アイディア次第でいろいろなお料理に使えます。
手書きイラスト入りのオリジナルレシピ集もご用意できますので、興味のある方はぜひお問合せくださいね。

(2011年08月05日更新)

しょうがりんごが人気です♪

しょうがりんごは、夏には炭酸水で、冬にはお湯に溶いてと、1年通じて美味しくそして楽しく味わえます。
「しょうがだけだとちょっと苦手…」と言う人にも、りんごのまろやかさがしょうがに優しい味わいを生み出すので抵抗なく召し上がっていただけます。
しっかり飲んだあと、最後に残ったスライスしたりんごを食べるのがまた良いのです。

(2011年08月05日更新)

漬物ひな祭り


見ても、食べても美味しいお雛さま♪
桃の節句は、ワイン漬のらっきょが大活躍です。

(2011年08月05日更新)

白うり粕漬のスタッフドエッグ

yudetamago.jpg

1.玉子をゆでて、半分に切り、黄身を取り出します。
2.みじん切りにした白うりと黄身と混ぜ、お好みの量の粕とマヨネーズを混ぜます。
3.底を切り落とした白身にきれいに盛付けます。
*全部混ぜてサンドイッチやディップとしてもおいしいです

(2011年08月05日更新)

ソーセージとザワークラウトの簡単煮込み

souse-jitozawa-kurauto.jpg

ザワークラウトとコンソメ、水を加えて10分間、ソーセージを加えて5分間煮こむだけ。

(2011年08月05日更新)

豚バラ肉とソーセージとザワークラウト煮込み

syu-kurrru-to.jpg

1.豚バラブロック肉は塩をすり込み、一晩置きます。
2.鍋にオイルとニンニクと刻んだ玉ねぎを炒めて白ワインを加えます。
3.半量のザワークラウトをその上に広げて肉とローリエ、胡椒をのせて残りのザワークラウトでおおいます。
4.湯で溶かしコンソメを注ぎ、ふたをして弱火で1時間ほど煮込み、ソーセージを加えて5分ほど煮ます。
5.肉を切り分けて盛り付け、粒マスタードとゆでたじゃがいもを添えます。

(2011年08月05日更新)

大根味噌漬の肉炒め

daukonnmisonikuitame.jpg

1.大根味噌漬の味噌を落とし、食べ易いサイズに切ります。
2.熱したフライパンに軽くオイルをひいて牛または豚、お好みの薄切り肉を炒めます。
3.大根と残った味噌を加えます。お好みで一味唐辛子をたっぷりかけて!!

(2011年08月05日更新)

野沢菜ごはん

nozawanagohan.jpg

野沢菜漬でつくる、簡単混ぜご飯です。
1.薄焼き卵を作り細く切ります。
2.野沢菜佃煮とご飯を混ぜます。
3.卵とごま等を飾ります。
*せり佃煮やこのはな漬でもおいしい混ぜご飯の完成です。

(2011年08月05日更新)

笹寿司

sasazusi.jpg

1.野山で笹の葉をすこしいただきましょう。
2.葉をよく洗って寿司飯をのせてお好きな漬物佃煮をのせましょう。
3.数枚重ねて軽く押して出来上がり!!
*味噌漬とくるみを炒めたものをのせるとおいしい。

(2011年08月05日更新)

とりもも肉のてっぽう漬味オーブン焼き

torimomoteppoutuke.jpg

1.とりもも肉を てっぽう漬の汁にできるだけ長時間つけておきます。
2.210℃のオーブンでまず10分、その後180℃で10分程度焼きます。
*お好みで漬け汁を沸騰させて漉した汁か、または、それに片栗粉で少しとろみをっけたソースをかけて出来あがりです。
*漬け合わせはやはりてっぽう漬がよいです。

(2011年08月05日更新)

≪ 前のページ   次のページ ≫

▲このページの先頭へ